キャッシングとカードローンは何が違うのでしょうか。
大雑把に言ってしまえば、名前が違うだけで中身はほとんど変わりません。
どちらも、申し込みをするとカードが送られてきて提携ATMで好きなときにお金を借りられるようになります。
内容が同じならば、名称も同じにしてほしいと思うのが利用者の心理というものですが、そのあたりは歴史的な事情があって、今後もおそらく統一されることはないでしょう。
強いてキャッシングとカードローンの違いを挙げるとすれば、金利が違うということになります。
キャッシングは消費者金融が運営し、カードローンは銀行が運営しています。
財政基盤がしっかりしているのは当然、銀行の方です。
したがって、銀行のカードローンの方が金利は低くなります。
ただその分、審査は銀行のカードローンの方が厳しいですから、一概にカードローンの方が優れているとは言えません。
自分の状況に応じて、カードローンとキャッシングのどちらにするかを決めるようにしましょう。