私の友人は自分の趣味のためにキャッシングをしているのですが、私もそんな友人が羨ましく思うこともあります。
だって、それだけ自分が熱中できるものを見つけていると言うことですし、毎日楽しそうにしているから羨ましいな、と。
この友人の話を私の両親にしたことがありますが、父親は、キャッシングはほどほどにしておいた方がいい、としながらも、「男のロマン」を追い求めるのはいいことだ、といっておりました。
私の父もエレキギターを趣味としてやっており、数本ですが、エレキギターのコレクターでもありますので、友人の気持ちが分かるのだと思います。
しかし、一方母親の場合は、「そんなものにお金をかけるなんてバカバカしい」と一蹴してしまいました。
確かに男の人より、女の人の方が現実的といいますし、母の言うことは一般的に考えて当たり前の反応かもしれませんね。
まあ、お金を借りてまで…、という所が引っかかったのかもしれないのですが。
それでも本人がそうしたいのなら私としてはもう止められないな、とも思います。